アラフォー主婦、子宮体がん検診受けてみた。

ライフスタイル

こんにちは。Nicoです。

女性の皆さん、定期的に婦人科検診受けていますか?

特に私と同じ30代は婦人科系の悩みや病気の心配がでてくる世代ですよね・・。

心配性でビビりの私は、20代後半から今まで婦人科検診を定期的に受けてきたのですが、

つい先日、あることが気になり思い切って子宮体がん検診を受けてきました。

子宮頸がん検診を受けている方は結構いらっしゃると思いますが、

子宮体がんは通常の子宮がん検診では分からない為、

どんな検診? 痛い?など色々分からない方も多いはず!

ということで私の体験談がお役に立てば幸いです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

まずはじめに、子宮ガンとは。

まず子宮がんについて。

子宮がんには2種類あります。

①子宮頸(けい)がん

通常、健康診断などで行われる子宮がん検診は、この子宮頸がんの検診を指します。

子宮頸がんの原因は主に性交渉によるHPV(ヒトパピローマウィルス)感染です。
HPVウィルスはごくありふれたウィルスで多くの女性が一生に一度は感染 するといわれます。
感染しても必ずしもがんになるわけではありません。

HPVウィルスに感染した一部が前がん病変に移行し、
さらにそのごく一部が浸潤がん になります。

子宮頸がんは初期に症状がないことが多いので定期的な検診が重要!!
2年に1度は検診を受ける事をすすめられています。

最近では20代~30代でも子宮頸がんが増えていることもあり、
私も20代から会社の健康診断でオプションでつけて子宮頸がん検診を受けてきました。

痛みもほとんどないので、まだ20代30代で受けてない方は、怖がらずに検診を受けてくださいね。

②子宮体がん(子宮の内膜に発生するがん、子宮内膜がんとも呼ばれます。)

子宮体がんは、病状が進行していない早期の段階で出血をきたすことが多く、

不正出血での発見が約90%といわれています。

子宮体がんと診断される人は40歳ごろから増加傾向にあり、50歳から60歳代でピークを迎えます。

また子宮体がんは、乳がん術後のホルモン剤の内服、

ホルモン剤の長期内服、出産経験がない、肥満、糖尿病、閉経の遅れ、などが

リスク因子と考えられています。

集団検診で、体部細胞診が実施される場合は限られますので、

リスク因子のある方には自主的な定期検診(原則 自費診療)をおすすめしています。

なぜ子宮体がんを受けたのか。

私Nicoがなぜ子宮体がんを受けようと思ったのか、

その理由は以下の通り。

①生理周期が短くなった + 不規則

元々出産後に周期が少し短くなって25日くらいだったのですが、

ここ最近半年の間25日よりも短かったり、

逆に40日になったり不規則になったりしていました。

②生理予定日より前に不正出血?

生理予定日の1週間前に生理のような生理じゃないような赤褐色の血がでることが何度かありました。

③CT検査で子宮が少し腫れていた。

私は過去に胃の病気を患ったことで現在月1で通院をしています。

その中で定期的にCT検査を行うのですが、

主治医から『少し子宮が腫れているようにみえる』と言われ、

①②の事を話すと、念のため婦人科で診てもらった方がいいと勧められました。

そこで早速、同じ病院内の婦人科へ症状を話して、子宮ガン検査がしたい旨も伝え、診察の予約をしました。

検診を受ける前にやった事

検診を受ける前に、
初めて受ける子宮体がん検査がどのようなものか知りたくて色々ネットで調べてみたところ…

  • 検査方法は子宮頸がんの検診と同じく、直接、子宮の内部に細い棒状の器具を挿入して細胞を採取して検査する子宮内膜細胞診が一般的。
  • 子宮の内部から採取するため子宮頸がんより痛みが出やすい。また検査後も痛みが数日続く場合がある。
  • 検査の後に出血する場合がある。

上記を踏まえて、

事前に私がやったことは、

●検査の1時間前に痛み止めの薬を服用。

検査をした方の体験談でかなり痛かったとあり、不安な方は痛み止め薬を勧めていたので検査前に薬を飲みました。

●出血で汚れないようにナプキン準備

検査後にダラダラ出血する可能性があるのでナプキンを念のため着けていきました。

●痛みを事前に想像する。笑

体験した方曰く、検査時とその後も鈍痛が続いたと書いていたので、ひどく重い生理痛を想像して挑みました。

いざ!子宮がん検診へ。

さて、いよいよ検診当日。

婦人科の先生に生理周期を伝え、

心配事も全て話をしたうえで

子宮頸がん、体がん検査

更にホルモンの値を調べる為に採血も行うことになりました。

いざ、検査台に乗り、

カーテン越しに股を広げます。

こんな感じで検査を開始↓

妊娠初期の検診時も同じですが、

この体勢はいつになっても慣れないですね…ヽ( ̄д ̄;)ノ

最初に触診、

続いて子宮頸がん部分の細胞を採取、

そしていよいよ

先生 『では子宮の内部も検査するので、力を抜いてくださいね。少し痛みがでますからね〜。我慢してね〜』

私 『は〜い!!(緊張…)』

お腹の下あたりをグイーッと強く押されるような感覚。

強烈な痛みはなく、ドシンとした感じの鈍痛がきました。

先生『はい、終わりましたよ〜。』

体感として1分はかかってない感じ。

フーッと終わった事で安堵しました。

思ったより痛くなかった!

これが私の率直な感想でした。

まとめ

検査から約2週間後に結果がきました。

結果…問題なし!!(о´∀`о)

今回特に異常は見つかりませんでした。

先生曰く、生理が月1きていればそれ程心配はいらない、逆に月1もこない場合の方が心配なのでその場合はまた検診を受けるようにと勧められました。

子宮体がんは、現在の年齢も加味して不安要素がなければ3年〜5年検診で良いそう。(頸がんは2年に1回検診。)

子宮頸がんも体がんも、初期に発見すると予後が良好ながんだと言われています。

だからこそ、定期的な検診は本当に大事!

検査も食事を抜いたり下剤を飲む胃がんや大腸がん検査と違い、生理日を避ければいつでも受診できる比較的受けやすい検診です。

また検査費用も自治体や健康保険組合で負担してくれたり、抑えた金額で受けられます。(子宮体がんは対象かどうかは確認が必要)

女性の体は男性よりもとてもナイーブ、

生理や出産、更年期など体が変化しやすい、だからこそ常日頃から自分の体に耳を傾け、大事にして欲しいなと思います。

健康こそが1番大事!!

私はこれからも自分の体を大事にする為に検診は必ず受けようと思います。

all for a smile すべては笑顔のために。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ライフスタイル
Smile manをフォローする
運営者
Smile man

こんにちは。
アウトドア大好きアラフォーのSmile man(スマイルマン)です。

人生豊かに笑顔で過ごせる日々をどんどん蓄えていこう!という想いで『Smile Stock』という夫婦ブログを立ち上げました。

僕はアウトドアが大好きに加えて整備士免許を持つ程の車・バイク大好き人間!
そして妻のNico(ニコ)は沖縄出身&旅行の国家資格を取るほどの旅好き人間!
そんな夫婦でキャンプと旅行をメインにブログ運営をしています。

Smile manをフォローする
SMILE STOCK

コメント

タイトルとURLをコピーしました